カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

ステンドグラス教室、生徒さんの作品!

こんばんは。

今日はステンドグラス教室の生徒さんの作品をご紹介します。

三重県から毎月レッスンに通ってくださっている『Coto.』さんの作品です。

 

 

 

 

ピンク色のヤカゲニーというオトナの優しい雰囲気をか持ち出す輸入ガラスを使って作られたランプです。

とても気品のある可愛らしいランプに仕上がりました。

 

 

 

 

灯がともると、華やかで落ち着きのある雰囲気がまた素敵です。

ランプシェードのすそのホワイトの曲線もまた、可愛らしいですね。

 

 

 

6つのランプを作り上げるまでには、いろんな苦労もありましたが、今となってはそれもまたいい経験と思い出になられたかなぁと思います。

一つ一つ、目の前の壁を乗り越えて行かれる生徒さんの姿勢には、心から尊敬と学びをいただきました。

 

 

 

次はどんなものを作られるのかな ?!(笑)

私もとても楽しみにしています。


生徒さんの作品!

こんにちは。

今日はステンドグラス教室の生徒さんの作品をご紹介します。

 

 

瀬戸市にお住いの森さんの作品です。

今日は、生徒さんに許可をいただいて、お名前も公表させていただいております。

お母さまからのご依頼で、色選びから、ガラス選びと、こだわり抜いて作られたオーナメントです。

色鮮やかな黄色、緑、赤が映えるとても素敵な作品に仕上がりました。

 

 

ステンドグラスは、実はハンダの盛りが腕の見せ所です。

こちらのオーナメントは、そのハンダがとてもキレイに盛られています。

ハンダは程よい量で盛られると、線が細く見えます。

ハンダが少ないと、強度も弱く、ガラスとガラスの継ぎ目が生々しくさらけ出します。

また、ハンダが多過ぎると、それはそれで線が太く野暮ったくなり、必要以上に重い作品になってしまいます。

こちらの作品は、その強弱で、より優雅で迫力ある作品に仕上がりました。

 

 

ハンダの盛りや強弱で作品の雰囲気も変わるので、ステンドグラス作品に出会った時には、是非そこのところも見てみてくださいね!

 

 

 

また、ガラスカットの中でも”えぐる”カットはとても難しいのですが、森さんのこちらの作品、えぐってえぐってえぐってと、えぐりカットを重ねることにも挑戦しました。

こちらのオーナメントを作ることで、いくつもの挑戦を乗り越え、着実に腕を上げられました。

 

 

こちらの作品、しばらくはこのままオーナメントとして楽しまれるそうです。

そして、”ランプにしたくなった時には、ランプにしようね!”と森さんと相談しています。