新たなステージへの道のり14

こんにちは。

オリジナルステンドグラスのお店「Nijiiro Lamp〔ニジイロランプ〕」やまだ です。

今日は「Nijiiro Lamp ステージ2までの話」の続きのお話

 

物件①は”雨になると床下浸水”

物件②は”相続人が20人以上”

物件③は”不動産屋さんを介さない直接交渉で失敗”

 

そして、ついに出てきた物件④は、契約直前に売主さんがお亡くなりになられました。

 

 

私は、売主さんの相続手続きが終わるまでの10ヶ月間、待つことにしました。

 

 

しかしこの当時、私は物件というのは出会い、そしてご縁だと思っていました。

待っている間に、もしかしたら”本当に自分と縁のある物件に出会えるかもしれない”という思いもあり、その間も物件探しを続けることにしました。

 

 

数ヶ月後、私が住んでいる町内に貸し倉庫の空きが出ました。

ここも以前から「いいなぁ〜」と眺めていたところ。

しかし、広すぎて家賃が予算を少し超えている。

 

 

そこで一緒にシェアできる人を探そうと思いました。

そう思った矢先、不動産屋さんから報告がきました。

 

「もう決まりましたよ!」

 

物件が出て、2週間ほどのことでした。

 

 

いい物件は、のんびりしてたらすぐに決まっちゃうんだな。

 

そして、お金に余裕があるところから不動産屋さんは話を持ちかけるから、私は待ってちゃいけないんだ。

 

これが物件⑤で得た私の学びでした。

 

続く。

 

「Suzuran すずらん」

 

 

 

 

 

 

 


新たなステージへの道のり13

こんばんは。

オリジナルステンドグラスのお店「Nijiiro Lamp〔ニジイロランプ〕」やまだ です。

今日は「Nijiiro Lamp ステージ2までの話」の続きのお話

 

物件①は”雨になると床下浸水”

物件②は”相続人が20人以上”

物件③は”不動産屋さんを介さない直接交渉で失敗”

 

そしてついに出てきた物件④の様々な確認作業が終了!

早々、不動産屋さんに連絡をしました。

 

 

が、ここから待つこと1週間、2週間、1ヶ月経っても不動産屋さんからの連絡がない。

こちらからどうなっているのかと尋ねたところ、どうやら売主さんの容態があまり良くないらしい。

 

それなら無理はできないと、しばらく黙って待つことにしました。

 

 

それから数日後のこと、不動産屋さんから連絡が入りました。

 

 

「売主さんがお亡くなりになったので、しばらく話をすることができなくなりました。

 

ただ、ここを売る気持ちはご家族の方の気持ちも変わらないので、相続の手続きが終わるまで10ヶ月待ちましょう。」

 

 

ガーン………。

 

 

ショックです。

不謹慎ですが、正直、ショックでした…。

でもそれは私事。

しょうがない。

仕方がない。

どうしようもない。

誰も悪くない。

 

 

まだ時期じゃなかったんだ。

話がなくなったわけではない。

今、私がやるべきことは他にあるんだ。

10ヶ月の間、自分ができることをしよう。

今、自分がやるべきことをして、しっかりと準備をして、力を蓄えよう。

 

 

そう決めて、私は10ヶ月間、自分の最善を尽くし自分の役割を全うしながら、そして10ヶ月後の夢を思い描きながら、待つことにしました。

 

続く。

 

「Drops premium white ドロップス プレミアム ホワイト」